便秘

韓国の便秘茶

最近、便秘で悩む方に人気があるのが便秘茶です。お茶には元々、カテキンが豊富で腸内環境を整える効果がありますが、便秘茶はさらに便秘解消に効果的な成分が入っているため、毎日スッキリしたいという方に人気があります。その中でもショッピングサイトなどで注目を集めているのが韓国の便秘茶である「トンギュヨプ茶」です。このトンギュヨプ茶と言うのは冬葵という植物を用いたハーブティーです。そのためハーブ独特の香りはありますが、嫌な香りではないので普通に飲むことができます。日本ではこれを飲んだり食べたりという習慣はありませんが、中国では漢方として用いられているほど、効能があります。そんなトンギュヨプ茶の便秘に対する効能は体に負担をかけずに、無理なくスッキリできるという点です。便秘茶の多くは大腸を刺激することで排便を促します。そのような刺激の場合、お腹を壊したかのような腹痛を生じることがあります。しかし、トンギュヨプ茶は大腸ではなく、小腸を刺激します。そのためひどい腹痛は生じず、自然な形でスッキリすることができます。また、このお茶の場合、効果が現れるのが大体12時間後なので、自分の生活習慣に合わせて飲むことで、リラックスできる時間帯にスッキリすることができます。また、このような便秘改善方法を行うと習慣になるのが心配になりますが、トンギュヨプ茶には習慣性はなくノンカフェインなのでいつでも安心して飲むことができます。ただ、一つ心配なのが副作用です。このお茶には利尿作用があるので、水分を溜め込む妊娠中には使用しない方がいいです。
このように最近は韓国の便秘茶であるトンギュヨプ茶が注目を集めています。便秘を改善したいけど薬には頼りたくないという方や、お腹に負担をかけずにスッキリしたいという方におすすめです。しかし、妊娠中の方は副作用が出る可能性もあるので、利用を控えた方がいいです。また、効果は個人差があるので強すぎるという場合は薄めて飲んだりと調整が必要になります。