便秘

便秘茶のメリット・デメリット

女性のお悩みとして多い便秘ですが、便通が滞ると腹痛を引き起こしたりウエストがぽっこりしてタイトな洋服が着られない等、色々な不便が発生します。そのような便秘を解決するために人気があるのが便秘茶です。この便秘茶は健康は害さずに便通を促進する成分を体内に取り込むものですが、メリットとデメリットがあります。まずメリットとしては、便秘に即効性があることです。その商品の種類にもよりますが、2回ほど飲むとおなかがゆるくなって便が出るものも多いです。また、手頃な値段で販売されていることも良い点です。3000円以下で購入することが可能で、チャレンジしやすいです。また、そういった安いものであっても食品添加物は一切入っていません。ノンカフェインの為寝る前に飲んでも安心です。食後に飲むことを習慣にすれば便通を促進する効果があります。デメリットとしては、成分の中に下剤が含まれているものもあるので飲みすぎには注意が必要ということです。便秘茶は大抵が下剤と同様という認識で服用する必要があります。長期間にわたって服用すると、腸に大きな刺激を与えてしまいます。快便に戻ったら、すぐに飲むのはやめておきましょう。次に、子供に服用させてはいけません。まず7歳以下は一切禁止で、小学生以下も出来るだけやめておきましょう。刺激が強すぎます。子供の便秘薬も売っていますので、子供が服用する場合はそちらを飲んだ方がいいです。また、妊娠中も服用は出来ません。持病等を持っている人も飲めませんので、きちんと注意事項を読んでから服用するようにしましょう。腸の機能低下を防ぐためには、飲むペースをゆっくりにして負担を気にしながら服用することが重要です。もし腸の回復が遅い、と感じる場合は食物繊維のある食べ物やオリゴ糖を摂取して腸を中から改善していきましょう。これを続けていけば、薬などを使わずに腸の動きを自然に活発にしていくことが出来ます。