便秘

便秘の肌荒れの仕組み

便秘になってしまうと、便が体内に残ってしまっているため、すっきりとした気分にもなれません。お腹もなんとなく張っている感じがするのも嫌なものです。また、便秘の状態だと肌荒れなどをしていくる方もいて、肌荒れに悩む方もいるでしょう。
便秘の肌荒れの仕組みとしては、便は基本的に体外に排出するためのもので、それがいつまでも体内に残っていることで、腸内にガスや有害な物質などが溜まりやすく、また、腸内で悪玉菌が増加してしまうこともあります。この状態が続くと、血液などに有害な物質が混ざってしまい、それが全身を巡る形になります、血液は肌などに対しても栄養を運ぶ役割がありますが、有害な物質なども一緒に運んでしまうと、肌に対してあまりいい影響を与えません。
また、便秘により、自律神経などにも悪影響が出ると考えられているため、代謝機能の低下などにつながることもあります。新陳代謝が正常に働かないと、これも肌に対して影響がでてしまい、肌荒れやニキビなどの症状に悩まされることがあるでしょう。
そのため、できるだけ便秘を解消していくために対策をすることも大切です。
睡眠不足や運動不足など乱れた生活習慣を改善していくことで、代謝機能の向上、自律神経の乱れなどを改善につなげていきましょう。また、血流なども改善することになるため、むくみや冷え性などといった悩みにもある程度効果が期待できます。体の機能を正常化することで、肌荒れなどの改善にもつながります。
それ以外としては、食事などに注目しましょう。偏食をしている場合には、体に対しての栄養が不足しがちです。肌に対しても栄養が不足してしまうと肌荒れになることも考えられるため、また、便秘などにもつながる可能性があるため、食事では栄養がきちんと補えるように栄養バランスを考慮した食事を心がけることが大切です。また、食事で栄養が補いきれない、また便秘対策として食物繊維が不足している場合には、食物繊維サプリメントなどを摂取してみるのもいいでしょう。