便秘

知っておいて損は無い!便秘茶とセンナの常用によって生じる影響について

知っておいて損は無いのは、便秘茶とセンナの常用によって、生じる影響についてです。便通に悩む人にとっては、センナ茶は良いサポートになりますが、飲む上で気をつけるべき点もあります。

 

センナ茶というのはアントラキノン誘導体の成分が含まれていますので、これは一般的な下剤の成分と、服用をした際の効果は同じになります。便通はよくなりますが、本来センナは常用をするべき成分ではありません。

 

センナが悪いわけではないですが、毎日のように飲んでいると、その耐性が付いてしまうために、少ない量では足りなくなってきます。アントラキノン誘導体の働きで。頑固な便通もスムーズになるため、今度は自力で便を押し出す力が弱くなります。

 

アントラキノン誘導体の含まれるセンナは、医薬品としては特に規制がありません。だから便通をよくするために気軽にセンナ茶を飲むことはできますが、飲み過ぎると下痢のような状態になります。蠕動運動が一気に激しくなるため、腸内の働きが間に合わないのです。

 

大腸では水分が便に吸収をされするという流れがありますが、それを待たないで先に排泄をされるので、激しい下痢の症状にもなり易いです。最初のうちはとても効き目があるので、効き目が強すぎるながらも、便秘が解消したかの様な錯覚になるでしょう。

 

センナのちからは一時的なサポートとして、たまに利用をするにはいいものです。しかし日常的にセンナ茶のお世話になると、普通の量では排便が難しくなってくる可能性が出てきます。下痢を通り越すと今度は、自力での排便に支障をきたすこともあるので、日常的にはセンナ茶を飲むのは控える出来でしょう。

 

センナ茶で下痢に悩むようであれば、飲む回数を減らしたり、飲む量も減らしたほうがいいでしょう。便秘を解消させるためには、食事を見直すことも大事です。食物繊維の多い野菜類を食べて、お水を飲むことによって、センナに頼らなくても便秘は解消をしやすくなります。